小児科 皮膚科 耳鼻科 耳鼻咽喉科 勝どき 月島 休日診療 予防接種 アレルギー科

東京都中央区晴海1−8−16 晴海トリトンスクエア3F

TEL: 決まり次第掲載します

腋窩多汗症(ワキ汗)

イメージ画像

腋窩多汗症(ワキ汗)

発汗は人間にとって大事な機能ですが、発汗量が多過ぎると日常生活に支障をきたす事もあります。
通常では汗をかかないような軽い刺激や精神活動により多量の発汗を認める状態を多汗症といい、手のひら・足の裏、ワキ、頭部・顔面など、局所的に過剰な発汗が明らかな原因がないまま6ヶ月以上認められ、以下の6症状のうち2項目以上あてはまる場合原発性局所多汗症※としています。
(※種々の疾患・神経障害・薬剤性などにより起こる続発性多汗症は含まれません)


  • 1)最初に症状が出るのが25 歳以下であること
  • 2)対称性に発汗がみられること
  • 3)睡眠中は発汗が止まっていること
  • 4)1週間に1回以上多汗のエピソードがあること
  • 5)家族歴がみられること
  • 6)それらによって日常生活に支障をきたすこと

原発性局所多汗症のうち当院で行なっている治療は、ワキの多汗症における『A型ボツリヌス毒素局所注射療法』です。
(ワキ以外の部位の多汗症の治療は当院では行なっておりません。)
原発性腋窩多汗症(ワキの多汗症)の診療ガイドライン(2015改訂版)で推奨の治療は、塩化アルミニウム外用液の塗布とA型ボツリヌス毒素の局所注射療法の二つです。
これらの他に、併用して行なってもよい治療として、神経ブロック、レーザー療法、内服療法、精神(心理)療法、重症例には交感神経を遮断する手術、などがあります。
なお、塩化アルミニウムの外用療法は医薬品として承認された薬がなく院内で薬を調合する必要があり、当院では行っておりません。



A型ボツリヌス毒素の局所注射療法

A型ボツリヌス毒素の局所注射療法は効果・安全性ともに確認されており、腋窩(ワキ)に対する※治療には2012年11月より保険診療の適用が認められています。
このことからいかにワキ汗が原因で日常生活に支障を感じている方が多いかがうかがえます。
※ワキ以外の顔面・頭部や手掌・足底の多汗症に対しては保険診療の適用外です。

A型ボツリヌス毒素はボツリヌス菌が作り出す天然のタンパク質で、交感神経から出される「汗を出す」という信号をブロックすることで過剰な発汗を抑制します。
毒素という名前ですが、実際に使う薬剤は毒性の高い物質ではありません。
A型ボツリヌス毒素はアレルギーの頻度も低く、比較的安全性の高い治療です。
治療の効果・合併症に関しては診察時に詳しく説明致します。
主な有害事象は注射時の痛みですが、局所麻酔剤の塗布や冷却により軽減できます。
1回の治療で効果持続期間は長くて9ヶ月程度(個人差があります)とされており、徐々に効果は減少しますが4ヶ月以上経過すれば繰り返し治療を受けることが可能です。
しょっちゅう汗で恥ずかしい思いをするなど、ワキ汗でお悩みの方は一度お試しください。



施術の流れ


初回診察

多汗による症状について問診などを行い、注射療法の適応について診断します。
検査や治療についての詳細を説明した後、施術日を決め、検査や局所麻酔に関してご希望を確認します。


施術前

治療の前日から、制汗剤などのご使用は控えてください。
前日の夜までに、剃毛(ワキの毛を剃る)をご自宅で行って頂くようお願いします。
多少毛が伸びていても注射に大きな支障はありませんので、肌の弱い方で剃毛により肌が荒れやすい方は、前々日など前もって剃ることをおすすめします。
※施術当日の皮膚状態によっては注射を延期する可能性もありますので、深剃りはしないようくれぐれもご注意ください。


施術当日

所要時間:1時間程度

・検査(希望に応じて)
Minor法という簡易な検査により注射する範囲を決定します。
検査を行わなくても注射は可能ですが、汗腺の分布には個人差があり、汗腺の分布している範囲を最初に確認しておいた方がより発汗の抑制効果は高まります(範囲の確認は1度行えばよいので、当院での2回目以降の注射時は不要です)。

・麻酔
局所麻酔剤を塗布してラップで覆い、薬が浸透するまで30分以上待ちます。その間は座って本など読みながらお待ち頂いて構いません。

・注射
片方のワキにつき10~15箇所に分けてごく少量ずつ薬剤を注射します。非常に細い針を使いますので出血はほぼありません。



料金(保険適用)

※保険が適用されるのはワキのみです

初回診察:診察料(初診または再診)のみ
施術日:再診料+23,340円(3割負担で計算した場合)
※他の処置や処方には別途料金がかかります。

治療に関するお問い合わせはお電話または、通院中の方は皮膚科診察時に担当医(横井:火〜木・土曜)までお気軽にどうぞ。