小児科 皮膚科 耳鼻科 耳鼻咽喉科 勝どき 月島 休日診療 予防接種

東京都中央区晴海1−8−16 晴海トリトンスクエア3F

TEL: 決まり次第掲載します

RSウイルス感染症について

RSウイルス感染症について

イメージ画像

秋の訪れを感じ、「夏風邪」も次第に落ち着いてきました。これからの時期、特に流行するRSウイルス感染症についてお話します。

RSウイルス感染症は、2歳までにほぼ全員がかかるといわれている風邪のひとつですが、1歳未満の乳児が感染すると重症化しやすいので注意が必要です。鼻汁や痰が多いのが特徴で、咳や呼吸(ゼイゼイするような症状)がひどくなり、悪化すると細気管支炎や肺炎へと進展し、入院が必要となることもあります。
成長して免疫力がついてくると、ただの鼻風邪で終わることも多いので、大人が気付かずに乳児にうつしてしまうことがあり、感染予防が重要です。咳やくしゃみによる飛沫や、接触感染でうつります。乳児の周りに風邪のような症状の人がいる時は、接触を避け、手洗いやアルコール手指消毒、マスクの着用をするなどの予防をしましょう。また、おもちゃ等もこまめにアルコール消毒するようにしましょう。

秋は流行する感染症の入れ替わり時期です。日々の気温の変化も大きいので、体調管理に気をつけて過ごしましょうね。