小児科 皮膚科 耳鼻科 耳鼻咽喉科 勝どき 月島 休日診療 予防接種

東京都中央区晴海1−8−16 晴海トリトンスクエア3F

TEL: 決まり次第掲載します

子どもの熱中症

子どもの熱中症

イメージ画像

乳幼児は体温調節の機能が未発達です。加えて、背の低い子供やベビーカーに乗っている赤ちゃんは大人よりも地面の熱(ふく射熱)の影響を受けやすいので、大人が「このくらい大丈夫」と思っていても熱中症になってしまうことがあります。真夏の炎天下での外遊びは注意が必要です。外出する場合も、帽子をかぶる、通気性のよい衣類を選ぶといった配慮をしましょう。

屋外で活動してる時だけでなく、熱のこもった室内でも起こることがあります。また、子供は遊びに夢中になると、のどの渇きや気分の悪さなど気づくのが遅くなることがあります。周りにいる大人が見守り、休憩と水分補給はこまめに与えてあげましょう。

  • ●汗をかかなくなる
  • ●元気がなくなる
  • ●ふらふらしている
  • ●顔色が赤く(青く)なる
  • ●おしっこが少ない等

熱中症のサインを見つけたときは、風通しのよい涼しい場所で休ませ、イオン飲料など水分を与えます。同時に、わきの下、首まわり、頭などをぬれタオルなどで冷やすようにしてください。もし万が一、意識がなくなる、吐き気があって水分がとれないときは、すぐに医療機関を受診しましょう。

これから夏本番です。熱中症対策をきちんとして元気に夏を過ごしましょう!