小児科 皮膚科 耳鼻科 耳鼻咽喉科 勝どき 月島 休日診療 予防接種

東京都中央区晴海1−8−16 晴海トリトンスクエア3F

TEL: 決まり次第掲載します

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群

??睡眠時無呼吸症候群って??

日中に頭痛や眠気がある方、夜中に何度も目が覚めてしまう方、パートナーのいびきに悩まされている方、そんな方々に知っていてほしいのは睡眠時無呼吸症候群という病気です。

睡眠時無呼吸症候群とはその名前の通り、寝ている間に息が止まってしまう病気です。 そのまま窒息してしまうケースはほとんどありませんが、長期間の無呼吸(息止め)で体には様々な悪影響を与えます。わかりやすく言うと、息ができないくらいの全力疾走や水中でおぼれてしまって息が吸えないような状態が続いていると考えてください。それが一晩中、しかも毎日続くわけです。体には多大な負荷がかかります。

無呼吸が続いた結果、高血圧や心不全をはじめとした全身や心臓の疾患、低酸素が続くことによる脳の血流障害などが引き起こされやすくなります。認知症になるリスクも2倍とも報告されています。

睡眠時の無呼吸がある場合、すでに体はある程度の症状があり、危険信号を出しているケースがほとんどです。以下のような症状はありませんか?

  • いびきをかく(特に少し息が止まった後に大いびきをかく)
  • 夜中にトイレに何度も起きる
  • 朝起きた時に口が乾いている
  • 寝ても疲れが取れない
  • すっきり起きられない
  • 日中に眠気やだるさを感じる
  • 頭痛が続く

以上が代表的な睡眠時無呼吸の症状です。このような状態を放置して睡眠時無呼吸が長期間持続することで、徐々に体が傷んでいくと考えられています。


~睡眠時無呼吸症候群の治療法~

まずは睡眠時無呼吸かどうかを確認しなければなりません。睡眠時無呼吸の多くは『上気道(のど、はな、くち)の閉塞』による閉塞性無呼吸で、肺や気管支の病気ではありません。

ですので、睡眠時無呼吸を疑った場合、はな、のど、くちに何らかの異常がないかを調べる必要があります。また、それらが正常あっても無呼吸をきたすことはあるため、睡眠の際にセンサーをつけて検査を行う必要があります。

はな、のど、くちに異常がなく、センサーを付けた睡眠検査で無呼吸の異常を認めると、軽症であればマウスピースなどの装具を、重症であればCPAP(シーパップ)と呼ばれる呼吸補助の機械を睡眠時に装着することになります。これらは睡眠時に呼吸の通り道を広げる効果があり、無呼吸の改善につながります。

また、はな、のど、くちに何らかの異常がある場合。例えば、いわゆる扁桃腺が大きかったり、鼻詰まりがひどかったりする場合は、そちらの治療を行います。扁桃腺の摘出や鼻詰まりの治療で自然な鼻呼吸が行えれば無呼吸が起こらなくなる可能性があります。

いずれの治療を行うにせよ、まずは睡眠時無呼吸があるかないかを明らかにする必要があります。当院では自宅にて検査できる無呼吸センサーを貸し出して検査を行っています。ご希望の方は是非ご相談ください。

イメージ画